IS12T

2015年12月20日 (日)

【追記あり】WP全機種スペックシート - [WindowsPhone]

この記事はWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 20日目の記事になります。

今日中に家に帰れそうになさそうで、記事をゆっくり書いてる暇がなさそうなので、本題だけ置いておきます。書き直しました。(12/27)

Windows MobileがWindows Phoneになって今年でもう5年になります。当初の端末メーカーとして名乗りを上げていたのはNOKIA、SAMSUNG、HTC、LG、Sony Ericsson、東芝、QUALCOMMの7社でしたが、今やアジアアフリカ南米のOEMメーカーも巻き込み、ようやくiOS、Androidに次ぐ陣営として広く認められる規模へと成長してきたようです。

私は技術的なことは書けませんので、端末についての話が多くなってしまいますが、その際参考にするため、新機種情報のたびに資料として作成したリストがあります。

WinPhone.xlsx

このリストは、当初はLumia端末の比較、型番による対応周波数の違いを把握するためのものとして作り始めたもので、もともとはかなりシンプルな表だったのですが、HTC、Samsung、そしてODM系へと手を広げていくにつれ、必要な情報の種類も増えて気が付いたらこんな状態になっています…

続きを読む "【追記あり】WP全機種スペックシート - [WindowsPhone]" »

2013年12月10日 (火)

WindowsPhoneを使おう - [Windows Phone]

Lumia1020の発表やその他のWindowsPhone端末の実際のレビュー記事が、今まで以上に多くの人たちの目に触れるようになり、「WindowsPhoneというスマートフォンがあるようだ」「WindowsPhoneはおもしろそうだ」「WindowsPhone欲しい」といった声をよく聞くようになりました。
WindowsPhoneユーザーが少しずつでも増えてくれることは一ファンとしてすごく嬉しいのですが、依然として日本ではIS12Tしか販売されていない状況下、個人輸入での端末の入手と、一般的に国内販売されるスマートフォンと同等に使用するための敷居が決して低くはないこともあり、手放しでお勧めするのにはすこし気が引けるところがあります。

1.技術基準適合証明(技適)を通過していない端末がほとんどである

総務省は電波法令において、特定無線設備(アマチュア無線機、トランシーバーや携帯電話など)を国内で使用する際に国内の技術基準を満たしているかを証明する「技適マーク」の表示を義務付けています。このマークは、日本国内で使用するために、総務省が定める基準認証制度に則り小規模無線設備に対して総務省大臣が定める試験またはそれと同等以上の方法でテストされたもので、無線機器技術基準に適合すると証明されたものに表示が許されるものです。
この表示がない無線機器は基本的には違法である可能性があり、取締りの対象となる場合があります。しかし、電波法は主に総務省による免許を取得した者が対象であるため、一般ユーザーへの取締り事例は輸入アマチュア無線機などの使用に留まると言われています。
完全に違法であるというわけでもありませんが、合法であるという保証もありません

ただし、電波法では特例として外国人旅行客のために「海外の事業者と契約した端末(SIMカード)による国内事業者の回線へのローミング接続」は認めているようです。ただし、その場合においてもWi-fi/Bluetooth/NFCは認められない模様。

この点をクリアした端末は、現在確認できているだけでauから発売されたIS12T、とある輸入業者がテストで通したという噂のあるHTC HD7の二機種のみとなっています。なお、HD7が通過した際に認証された周波数帯は2100MHz帯のみであるため、仕様上受信可能な電波で通信しても、2100MHz帯以外の電波だと電波法違反になります。

2.WindowsPhoneである

続きを読む "WindowsPhoneを使おう - [Windows Phone]" »

2013年12月 3日 (火)

なぜWindowsPhoneなのか

Windows Phone Advent Calender 三日目
Imgp1751

自分は以前も書いたように、初めて持ったスマートフォン、X02Tでその使い勝手に感激し、WindowsMobileの一ファンとなった自分でありましたが、当初WindowsPhone7の発表に関しては特に興味もなく、手元のX02Tをいじっていました。当時発表された仕様で、「日本語非対応」「microSD非対応」「ファイルシステムへのアクセス不可」という、WindowsMobile時代からすれば改悪ともとれる内容に愕然としたものでした。
しかし、7.5 Mangoになってから多くの機能改善と共に日本語に対応し、その第一号となるIS12Tが発表された時には実際に実機を見、触ることができるようになり次第に興味がわいてきて、X02TからのMNPはかなわなかったものの、今年になって白ロムで入手することができ、その完成度に深い感慨を覚えました。これまで、X02TにWP7.5を焼いたりしてWPを触ってきましたが、本物のスムーズさは格別でした。

X02Tから機種変してiPhone 4Sにしたわけですが、そのiPhoneが今年5月ごろにWi-fiグレーアウトを起こしてしまい、Wi-fi/BT通信ができなくなったので3G専用で使っていたのですが、バイトも始めたことだし、これを機会に自由度や機能が大幅に向上したWindowsPhone8に手を出してみようと考え、eBayでVerizon版8Xを購入したのが沼に落ちる一歩目であったと思います。IS12Tまではまだセーフだと思います。
何故Verizon版8Xにしたのかの理由は、「日本語UIの搭載」「HTCの時計表示タイルが欲しい」という理由でした。
グローバル版の8Xには日本語ロケールが搭載されていないのはよく知られたことであるとは思いますが、米Verizonの8Xに限り、日本語ロケールを搭載している、またQiによる無線充電に対応しているということが購入の決め手となりました。色は「電子機器は黒色」という固定観念があるので何の迷いもなく黒を探し、購入経緯は過去の記事を参照していただくとして2週間ほどかけて受け取りました。
その後、やっぱりNOKIAの端末が気になってLumia520に手をだし、QWERTYキーボード付きWMを探しに北陸から大阪の日本橋まで行ってS22HT買って帰ってきたり、カメラに惚れ込んでLumia1020を大枚はたいてat&t版を買ってしまったりして、もうWindowsPhoneなしでは生きられない体になってしまいました。

続きを読む "なぜWindowsPhoneなのか" »

2013年6月20日 (木)

WindowsPhone - 購入[IS12T]

前回記事以降少々間があり期間が空いてしまいましたが、更新を再開しようと思います。

発表時から賛否両論あったWindows Phone 7シリーズですが、個人的にはタイルUIには魅力を感じます。X02TはWMのままで使いたいのでxdaのMangoは焼けないですし、どうせなら日本唯一のWP7.5としてリリースされたIS12Tに触れてみたいと思い、またも白ロムを買ってしまいました。

未成年ですし、回線契約増やすわけにもいかないので通信できない端末ばかりが積みあがっていきます…

続きを読む "WindowsPhone - 購入[IS12T]" »

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

WEB

フォト