EveryPhone

2015年12月20日 (日)

【追記あり】WP全機種スペックシート - [WindowsPhone]

この記事はWindows Phone / Windows 10 Mobile Advent Calendar 2015 20日目の記事になります。

今日中に家に帰れそうになさそうで、記事をゆっくり書いてる暇がなさそうなので、本題だけ置いておきます。書き直しました。(12/27)

Windows MobileがWindows Phoneになって今年でもう5年になります。当初の端末メーカーとして名乗りを上げていたのはNOKIA、SAMSUNG、HTC、LG、Sony Ericsson、東芝、QUALCOMMの7社でしたが、今やアジアアフリカ南米のOEMメーカーも巻き込み、ようやくiOS、Androidに次ぐ陣営として広く認められる規模へと成長してきたようです。

私は技術的なことは書けませんので、端末についての話が多くなってしまいますが、その際参考にするため、新機種情報のたびに資料として作成したリストがあります。

WinPhone.xlsx

このリストは、当初はLumia端末の比較、型番による対応周波数の違いを把握するためのものとして作り始めたもので、もともとはかなりシンプルな表だったのですが、HTC、Samsung、そしてODM系へと手を広げていくにつれ、必要な情報の種類も増えて気が付いたらこんな状態になっています…

続きを読む "【追記あり】WP全機種スペックシート - [WindowsPhone]" »

2015年12月 1日 (火)

Windows 10 Mobile国内正式投入! EveryPhone購入(つづき) - [EveryPhone]

NuAns NeoがEveryPhoneと値段同じでスペック上すぎてちょっと泣きたい。でも両方買えば無問題。

前回の記事でなんか結構な分量になってたのでソフトウェア面をこっちに分けました。ゆえに必然的にスクショだらけの記事になります。
先の記事でEveryPhoneはCoship BVC X1がベースと書きましたが、実際はそのマイナーチェンジ版のX1-WIN10がベースで、こちらでは防水防塵が省かれていた模様。Molyブランドでも販売されているようですが、どこで売ってるのかはさっぱり。
ヤマダ電機のEveryPhoneはCoship X1-WIN10がベース、防水防塵は基準を満たせなかった可能性 - Blog of Mobile

サクッと初期設定してデフォルトのスタート画面がこんな感じ。YAMADAのポイント確認アプリが中央に鎮座しているのが特徴的かと。
Wp_ss_20151128_00051_2Wp_ss_20151128_00091

ヤマダのポイントアプリはプリインストールですが削除可能です。サポートサービス利用に必要かというとそうでもなかった模様。しかもアプリ自体はWebView。
ちなみにこのアプリはWP8以降で利用可能なようです。MADOSMAも可。


Windows 10 Mobileから画面スケーリングが調整できるようになったので変更可能ですが、デフォルトでは四列。スケーリングはデフォルトが200%で、150~225まで25ごとに調節可能です。調節範囲が端末解像度や画面サイズによって違うんですよね、ここ…
MiracastはSnapdragon410なのでもちろん対応。Continuumには対応するはずがありませんし、正直期待されてるほど使いものにはならないと思うんですよね…(x86Winなタブを常時持ち歩いているので事足りている)
また、EveryPhoneはオンスクリーンキー対応機種ですが、Lumia640同様下からスワイプすることで表示/非表示を切り替えることが可能です。ダブルタップでの画面点灯には対応しませんが、ナビゲーションバーの余白をダブルタップすることで画面消灯させることが可能です。
Wp_ss_20151128_00061Wp_ss_20151201_00051_2


OSバージョンは先日Insider Previewで配信されたRTMバージョンとされる10586.11とは異なり10586.0。実装RAMが2GBなのは嬉しいですね。うちにある子ではLumia1020以来の2GB機です。

続きを読む "Windows 10 Mobile国内正式投入! EveryPhone購入(つづき) - [EveryPhone]" »

2015年11月29日 (日)

Windows 10 Mobile国内正式投入! EveryPhone購入 - [EveryPhone]

MADOSMA買ったことを完全に記事にしわすれてから5カ月が経ちました。

とはいえ、今となっては素晴らしいレビューがいっぱいあるので先日HDDの奥から発掘された書きかけのメモは見なかったことにします。Win10のOTAが来たら改めて。

さて、あれよあれよとInsider PreviewのBuildが上がって気がついたらLumia950のリリースとともにWindows 10 MobileがPC版に遅れること3カ月、ついに正式発表となりましたが、以前よりWindows Phoneを販売していたMCJの対応予定発表にとどまらず、Microsoftの発表会においてFreetel、Geanee、Diginnos、NuAns、VAIOからWindows 10 Mobileの端末のリリース予定が発表され、ここへきて急激に機運が高まってきたところでした。

先週のFreetelの発表により、11/30のKATANA 01が日本初のWin10M端末かと目されてきましたが、11/26に「SIMフリースマホの発売を予定している」程度の情報しか流れてこなかったヤマダ電機が突如「EveryPhone」を11/28に発売すると発表し、世界初を狙っていたFreetelに水を差す事態に。ここでEveryPhoneが国内初になるかと思いきや、国内唯一のWindows Phone8メーカー、MCJが販売店を通じたアップデート作業によって11/27から既存モデルへのアップデートを開始。結局「世界最速」を予告していたFreetelは国内三番手という結果になるという、面白いレースが繰り広げられている最中ですが、そんなまったく予想だにしない方面から突如現れたEveryPhone、買ってみたらかなりいい子でした。

Dscf8594

まずEveryPhoneの内容についておさらい。
EveryPhone(http://www.yamada-denki.jp/service/everyphone/)
キャッチコピーは突っ込みどころ満載の「究極のハイスペック、最強スマートフォン」。Lumia950くらいになってから言ってください。
売りとしては新規モデルとして国内初のWindows 10 Mobile搭載、薄くて軽くてでかいといったところでしょうか。

このページ、よく見るとOfficeの紹介画像がWP8.1の頃のままになっていたり、対応していないWindows Helloのロック画面がはめ込まれていたりなかなかガバガバです。

「スマートフォンでWindowsを実現」と言われても、そこまで言うならF-07CやWS016SHくらいの気概が欲しかったですね?

スペックとしてはSnapdragon410・2GBRAM・32GBROMに5.5インチHD液晶といった、ちょっと豪華なミドルレンジといったところでしょうか。

だいたいどこかのバッジエンジニアリングで商品展開をしているヤマダのEveryシリーズには珍しくベースからかなり手を加えられているEveryPhone、筐体の形状やスペックから、発表後一瞬でベースモデルとODMメーカーが明らかとなりました。

続きを読む "Windows 10 Mobile国内正式投入! EveryPhone購入 - [EveryPhone]" »

その他のカテゴリー

最近のトラックバック

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

WEB

フォト