« 2014年12月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年6月

2015年6月17日 (水)

帰ってきたWindowsPhone… [MADOSMA Q501]

遂に、国内初のWP8.x世代にして四年ぶりのWindowsPhoneとなる、MADOSMAの出荷の声が聞こえてくるころとなりました。
FreetelやBungbungGameも日本で発売を予告している今、ここでいったんこれまでの流れを振り返ってみたいと思います。

「Windows Phone IS12T」の発表について ~日本初Windows Phone 7.5搭載、防水防塵スマートフォン~
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2011/0727/index.html

2011年7月27日のこのニュースリリースで、日本におけるWindowsPhoneが始まりました。世界初となるWindowsPhone7.5 "Mango"を搭載、MWC2015でCOSHIP BVC X1が発表されるまで、唯一の防水防塵WPであり続けました。
au端末では珍しく継続的なアップデートが行われ、最終的にはWP7.8までアップデートが行われ、OSサイクルを完遂したことも大きな特徴です。

しかし、eメールへの対応が遅々として進まなかったことや、au及び販売店が非常に消極的に販売を進めたことなどが原因となり、販売は振るわず、auはiPhoneの取り扱いを開始したこともあり、その後後継機が登場することはありませんでした。

それから約三年半が経過し、去る2月のMobile World Congress 2015を目前に、Freetelが"Ninja"とコードネームが付けられた試作機の写真を、Mouce Computerが開発中であることを表明し、国内二社からの発表にMWCに例年以上の注目が集まりました。

続きを読む "帰ってきたWindowsPhone… [MADOSMA Q501]" »

2015年6月13日 (土)

購入 - [Lumia640]

気が付けば半年も記事を更新していなかったことに気づき、反省。これからWPが盛り上がりそうなのでまた更新していけたらなーなどと思います。

一か月前の話になりますが、Lumia 640 LTE Dual SIMを購入しました。
四月末のある日EXPANSYSを開いたらたまたま予約が始まっていて、手が滑って仮注文してしまったものです。

Dscf3048

Lumia640は2月のMWC2015で発表された、なかなか特徴的な端末だったので、かねてより興味を持っていたものです。
Lumiaの600番台としてミドルレンジに位置し、プロセッサは先代モデルである63xと同等のSnapdragon400を搭載しつつ、LTE対応ながらDual SIMもサポートする変わった端末で、画面サイズと解像度が向上しNFCにも対応、63xでは貧弱だったカメラもフラッシュが追加されるなど使い勝手の充実が図られた端末です。
あとどうでもいいですがうちでは初のMicrosoftロゴ入りWPです。

詳細なスペックは公式のほうに書いてありますが、自分も間違えていたので一つ留意点。
Dual SIM: Dual Standby SIM との記述がありますが、これは「両方で同時に3G/LTE通信ができるデュアルSIM」ではなく「どちらのSIMスロットでも3G/LTEのスタンバイが(排他的に)できる」という意味でした。

Lumia640は5インチのスクリーンを採用しています。解像度は720*1280です。620が3.8インチ、630が4.5インチだったことを考えると、かなりでかくなってますね。
Dscf4098

続きを読む "購入 - [Lumia640]" »

« 2014年12月 | トップページ | 2015年11月 »

最近のトラックバック

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

WEB

フォト