« Lumia636 630との違い - [Lumia630][Lumia636] | トップページ | 購入 - [Lumia640] »

2014年12月13日 (土)

BLU Win HD購入 - [WIn HD]

この記事は、「Windows Phone Advent Calendar 2014」の13日目の記事です。

今年もこの季節がやってきました。早くも年の瀬、今年は何台買ったかなど考えたくもありませんが、おそらく今年最後の一台が先日着弾しましたので、この場を借りて報告させていただきます。

おそらく国内では初となるであろうBLU Win HDが到着しました。
Wp_20141125_17_04_40_pro


BLU Win HDは米BLU社が9月に発表、11月に発売したWindows Phone8.1搭載のスマートフォンで、5.0インチ1280*720pxのIPS液晶を採用、Snapdragon 200に1GBメモリと8GBのストレージを搭載するロー~ミドルレンジの端末となっています。
Win HDには対応周波数の違いで2モデル存在し、W-CDMA850/1700/1900対応のW510U・W-CDMA850/1900/2100対応のW510Lがありますが今回はeBayにて後者を購入しました。

箱の裏面はこんな感じで、スペックがつらつらと書かれています。
Wp_20141125_17_06_53_pro


それでは開封します。

Wp_20141125_17_08_45_pro

箱を開けると最近流行りの端末が一番上にあるタイプの梱包になっています。とてもWPっぽい見た目の保護シートが貼られていますが、剥がさないと使えません。
端末の見た目がHTC社の某に似ている気がするのは気のせいです。Blackberry Z10にも似てますが気のせいです。

Wp_20141125_17_10_17_pro
内容物は左上から時計回りにイヤホン、AC-USBアダプタ、取説、本体、保護カバー、保護フィルム、microUSBケーブル。フィルムとカバーが付いてるのはありがたいですね。こういうマイナー端末で一番苦労するのはこの点ですから…
フィルムはさすが純正、ぴったりサイズでとても貼りやすかったですが、カバーが少しゆるめでした。

Wp_20141125_17_12_26_pro
本体裏側はこんな感じ。非常にプラスチック感が高く、指で軽くたたくと裏蓋がバタバタします。裏蓋を取る時もペキペキと非常に頼りない音がするので、多分これ落としたら裏蓋とバッテリーが飛んでいくタイプのやつです。
BLUのロゴはメッキの部品がはめ込んであり保護フィルムが貼られてありましたが、その上がちょっと汚れていました。新品未開封を買ったはずなんですが…

起動します。メーカーロゴはこう。BLUってBold Like Usの略なんですね。
Wp_20141125_17_17_02_proWp_20141125_17_17_54_pro
日本語ロケールは非搭載。8Xにも8Sにも日本語ロケールが入っていた自分のWPでは初めて非搭載なので新鮮です。とりあえずCortana用に英語化してあった920を元に戻しておきました。

そして起動。ごく普通のWindowsPhoneって感じがします。
Wp_20141125_17_23_14_pro


BLU Win HDですが、OEM製アプリがありません。そればかりか、メーカーカスタマイズもありません。デュアルSIMに関しても、Lumiaのように独自のソフトウェアではなくWP標準のデュアルSIM設定を利用します。そのため同時待ち受けができなかったりします。

ストア。OEM独自アプリはありません。設定画面にも独自の項目は見当たりません。
Wp_ss_20141212_0002Wp_ss_20141212_0003

情報。キャリアが「Open Market Device」となっているのが面白いです。
各バージョン情報が子細に記述されているのがLumiaやHTCなどとは違いますね。また、Snapdragon 200のためMiracastには非対応になります。
Wp_ss_20141212_0004Wp_ss_20141212_0005

WP8.1以降ハードウェアの制限が緩和され、Androidと同様のハードウェアで動くようになり、各ベンダでは端末が作りやすくなったようにも思えますが、Android端末メーカーであったBLUでもWin HDは共有部品こそあれどほぼ専用の端末を用意しているようで、同様のスペックの端末はラインナップにありません(DASHかSTUDIOシリーズあたりがベースになっているとは思います)。
Win HDの特徴として、「カスタマイズのない素のWP8.1」が搭載されているという点があると思います。Lumiaだと専用ソフトウェアで微妙に使い勝手が違うようなところが、完全にエミュレーターと同じ操作で扱えるのがメリットかなと。ただ、端末は非常にチープですし、性能もさして高くはなく(ブラウジングで引っかかる程度)、OEMアプリがないため機能がやや貧弱であるなど、デメリットがやや上回るように感じられました。

WPでは5インチクラスの端末がMicrosoft Lumia830・Lumia930・HTC One(M8)for Windows・SAMSUNG ATIV SE・MicroMax Canvas Win W121・Q-Mobile StormW510・ALLVIEW Impera S・Cosmic Technologies Cherry Mobile ALPHAシリーズ・NGM Mobile Harley Davidsonシリーズくらいしかなく、手に入るものだと上位価格帯のものがほとんどになるため、5インチクラスの安い端末を使いたいという方にはおすすめかなと思います。今は円安で輸入も冷え込んでますが、170ドルほどなので、代行業者を挟んでも25kほどで買えますし…

最後に、某M7に似てると話題のWin HDですが、配色的にこっちに似ていると思うのです。
Wp_20141126_16_28_23_pro
タイル色を同じライムで揃えたんですが、微妙に色合いが違いますね…

明日、14日目の記事を担当するのは@otackさんです。

« Lumia636 630との違い - [Lumia630][Lumia636] | トップページ | 購入 - [Lumia640] »

Win HD」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。こちらのW510Uを買ったのですが日本のキャリアのSIMで使えますか?IIJのSIMでやってみているのですが電波を捕まえられず無理なのか、自分の設定が悪いのか判断に迷っておりまして。

はじめまして。
W510Uをご購入されたということですので、上記にもありますとおり、対応周波数上日本で利用できる通信事業者はありません。
W-CDMA850MHz帯がFOMAプラスエリアを掴める可能性もありますが、恐らくそちらの状況を見る限りそれは不可能であったということであると思います。
画面も大きいですし、microSDも利用可能ですので、メディアプレイヤーとしてWi-fi運用するくらいしか使い道はないかと思います。
BLUではNOKIAのようなソフトウェアリカバリーソフトウェアは提供されていないため、プレビュープログラムの適用は自己責任となりますが、Windows10 for PhonesのInsider Previewにはロールバックオプションがつくという噂もありますので、Win10を体験する検証端末として利用されるのもいいかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1692749/58250523

この記事へのトラックバック一覧です: BLU Win HD購入 - [WIn HD]:

» Windows Phone Advent Calendar 2014 勝手に中間解説 [高橋 忍のブログ]
#wpjp #wpdev_jp Windows Phone Advent Calendar 2014 これまで1人の欠員も出さずに続いているのは素晴らしいですね。半分ちょっとまで来たのでこれまでの公開記事を勝手にご紹介しちゃいます [続きを読む]

« Lumia636 630との違い - [Lumia630][Lumia636] | トップページ | 購入 - [Lumia640] »

最近のトラックバック

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

WEB

フォト