« 2014年7月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 9日 (日)

Lumia636 630との違い - [Lumia630][Lumia636]

また更新するのを忘れていましたので、大物が来る前にたまったネタを消化していきたいと思います。
前回紹介したLumia630ですが、手元を離れていきました。理由は簡単、Lumia636が届いたためです。

更新こそ遅れてしまいましたがLumia636のユーザーは自分が国内初ではないかと思っています。
というのも、自分の購入した個体がまさにこの記事でレビューされているものだからです。
ノキア「Lumia 636」が発売! 中国版LTE対応のWindows Phone 8.1スマホ

Lumia630の発表時、そのバリエーションとしてLumia630(RM-976/RM-977)・Lumia630 Dual SIM(RM-978)、Lumia635(RM-979)が同時公開されましたが、Lumia630の発売後に中国向けのバリエーションモデルとしてLumia636(RM-1027)とLumia638(RM-1010)が公開され、「似て異なる」といわざるを得ないスペックに大いに物欲を掻き立てられ、速攻で購入に至った次第です。
その内容とは、Lumia630で512MBだったRAMは636/638で1GBに引き上げられたこと、また630では非対応だったLTEへの対応(635/636/638)、デュアルSIMの廃止(635/636)などが挙げられます。
特に、Lumia635/636/638ではLTEがサポートされているのも特徴で、635ではBand3/7/20、636ではBand1/3/7/41、638ではBand3/7/38/39/40/41が利用可能です。
あとは630の裏蓋がマットな質感だったものが635以上ではつるつるになっている点もモデル間で差異があります。
638はTD-SCDMAにもLTEにも対応したうえでデュアルSIMなので非常に興味がありましたが、LTE Band1をサポートしていないため日本では規格上ほぼ3Gでしか利用できないので、636の発売で一気に傾きました。

というわけでやってきましたLumia636(7月末)。

Wp_20140730_10_41_44_pro


630と箱を重ねるとこんな感じ。
Wp_20140730_10_48_00_pro

続きを読む "Lumia636 630との違い - [Lumia630][Lumia636]" »

« 2014年7月 | トップページ | 2014年12月 »

最近のトラックバック

2016年2月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29          
無料ブログはココログ

WEB

フォト